フリーアナ・松本圭世、初のSEXYグラビアに挑戦!

松本圭世

フリーアナウンサーの松本圭世(まつもと かよ)が、本日2019年3月19日発売の「週刊FLASH(フラッシュ) 2019年4月2日号(1508号)」(光文社)に登場。初めてのSEXYグラビアを披露した。松本圭世は、愛媛朝日テレビ、テレビ愛知の局アナを経て、現在、AbemaTVの麻雀プロリーグ「Mリーグ」レポーターを務めている。インタビューにて、SEXYグラビアに挑戦した心境を明かした。

松本圭世

松本圭世(C)光文社/週刊FLASH 写真:西條彰仁

「たびたびお話はいただいていたのですが、グラビアのお仕事は恥ずかしい気持ちが大きくて…。でも、これからの自分にできることを考えたときに、仕事の幅を広げるには、新しいことも試したほうがいいのではと思いまして。20代最後ですし、いまやらなかったら、一生できないと感じたので、勇気を出して挑戦しました」と語っている。

今回のグラビア出演にあたり、昨年10月から約半年間準備をして挑んだのだそうで、「大好きなビールを断ち、自宅で体感トレーニングに励みました。体重は4.5キログラム減。ウエストは10センチ細くなりました」と語っている。

「週刊FLASH(フラッシュ) 2019年4月2日号(1508号)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です