明日花キララ、主演アクション映画『アイアンガールFINAL WARS』について語る!インタビュー掲載!

明日花キララ/アクション映画 『アイアンガール FINAL WARS』インタビュー

明日花キララ主演の本格アクション映画「アイアンガール」シリーズの待望の第3作目がついに完成し、2月16日(土)より池袋シネマ・ロサにて1週間限定公開の後、大阪、横浜ほかで全国順次公開となる。2012年に第1作目、2014年に第2作目が製作され、国内のみならず韓国、アメリカ、台湾、香港他で圧倒的な人気を得た注目の作品だ。公開が直前に迫る中、主演の明日花キララにインタビューを敢行。本作について訊いた。

明日花キララ/アクション映画 『アイアンガール FINAL WARS』インタビュー

明日花キララ/アクション映画
『アイアンガール FINAL WARS』インタビュー

Q.本作は、2012年に第1作目、2014年に第2作目が製作され、国内のみならず韓国、アメリカ、台湾、香港他で圧倒的な人気を得た、人気シリーズ「アイアンガール」の最終話ですが、2012年当初からシリーズ化は決まっていたんですか?

A.全然決まってなかったんですけれど、第2作目が続編を匂わせる感じの終わり方だったので、「これはもしかしたら続編があるんじゃないかな」と思っていて、『アイアンガール』のファンの方からも「早く続編が見たい」という声もあったりしました。(続編の製作が決まり、)続編ができる、またクリスを演じれる、と、とても嬉しくなりました。


Q.最新作の脚本を読んだ感想はいかがでしたか?

A.今までにはないクリスが一杯詰まった作品なので、1作目、2作目を見たことがない方も楽しめる作品になっていると思いますし、ファイナルを見てから、「クリスって元々どういう人だったんだろう?クリスってそもそも人なの?」と疑問に思って、1作目、2作目に遡って見ても楽しめるんじゃないかなと思いました。


Q.第3弾は、以前よりもスケールアップしていると聞いていますが、どのような部分がスケールアップしたと感じていますか?

A.ジムに通い始めたからか、スタッフの皆さんが、私のアクションのキレが前よりもいいと言って下さいました!


Q.赤井英和さんの娘さんであるタレント兼人気女子プロレスラーの赤井沙希さんが敵役でしたが、赤井さんとの共演はいかがでしたか?

A.赤井さんは綺麗で細いんですけれど、目力とアクションの迫力で圧倒されました。お芝居じゃないときは、すごく優しくて、女性らしいと感じました。


Q.「ウルトラマンオーブ」で有名な青柳尊哉さんとはラブシーンもありましたが、裏話はありますか?

A.あのシーンは本当は撮影初日の最初の方に撮る予定だったんですけれど、私も青柳さんもすごい人見知りで不安だったんです。けれど、直前で、最終日に撮影することに変わったので、2人で「良かったね」と言い合っていました。最終日だったので、ちょっと仲良くなってきていたので、やりやすかったですし、セクシーなクリスが演じられたんじゃないかと思います。


Q.天木じゅんさんが謎の少女・サラ役で出演されましたが、共演はいかがでしたか?

A.いつものアニメ声の”ロリロリじゅんちゃん”とは違って、演技にすごく感情が入っていて、「こんな演技をする子なんだ」と思いました。今回は、天木じゅんちゃんの役が鍵を握っていると思うので、楽しみにしていてほしいです。

明日花キララ/アクション映画 『アイアンガール FINAL WARS』より

明日花キララ/アクション映画
『アイアンガール FINAL WARS』より

Q.本作で一番難しかったところはどこですか?

A.前の2作では、クリスの感情は見えなかったので、同じ役でも難しく感じました。


Q.撮影中のエピソードは何かありますか?

A.蒸気が噴出するシーンがあったのですが、クリスはビクッとしてはいけないと言われていました。そのカットの撮影をマネージャーさんが動画で撮っていたんですが、後で見せてもらったら、マネージャーさんが蒸気にすごく驚いて、動画がブレまくっていました!


Q.特に注目してもらいたい部分はありますか?

A.本作ではクリスの感情がたくさん描かれているので、クリスの変化を見てほしいです


Q.読者の方にメッセージをお願いします。

A. 一応「終結」とのことですが、皆さんが見てくださったら、第4弾もあるかもしれないので、ぜひ劇場に何度も足を運んで、見ていただきたいです!

明日花キララ/アクション映画 『アイアンガール FINAL WARS』インタビュー

明日花キララ/アクション映画
『アイアンガール FINAL WARS』インタビュー

映画『アイアンガールFINAL WARS』概要

明日花キララ/アクション映画 『アイアンガール FINAL WARS』

明日花キララ/アクション映画
『アイアンガール FINAL WARS』

<映画・STORY(あらすじ)>
時は20XX年、日本にはサイボーグが日常に溶け込んでいた。人間は地球防衛のために人工知能JUDA(ユダ)を開発。経過は順調に思えた矢先、なんとJUDAが人間を襲い始めた。理由は、人間が核戦争を起こそうとしたことにあった。核戦争が地球を破滅に追いやる、それを企てる人間こそが地球の敵なのだと、JUDAは見なしたのだ。この人間VSサイボーグの戦いは、日本を壊滅的な状況にまで追いやった。そこに目をつけた軍事企業「4thダイアモンド」は、自らの利益を上げるために「超大量破壊兵器」の開発に乗り出した。その秘密兵器は完成を目前にしてテロ組織「アルカロイド」に奪われてしまう。完成すれば連合軍と最終戦争に陥る危険を察知し、自警団「レジスタンス」が立ち上がった。そんな中、一部の人間が、亡き後に殺人兵器に改造されてしまう。そのサイボーグたちは皆一切の記憶を消されていた。早乙女クリス(明日花キララ)も、その一人だった……。記憶を辿り戦い続けるしかないクリス。ある復讐のためにクリスの命を狙う最強サイボーグと化したダイアナ(赤井沙希)も、同じだった。レジスタンス隊員の葛城ジョー(青柳尊哉)が、二人を救おうともがくが……。そんな戦いの最中、クリスは運命的な出会いを果たす。その相手は謎の少女サラ(天木じゅん)。出会う前から、二人は不思議と心を寄せ合っていた。しかしそのサラこそが、「超大量破壊兵器」であるSARAだったのだ……。

▼予告編は、こちらにて視聴可能♪

出演:明日花キララ、赤井沙希青柳尊哉天木じゅん龍坐けーすけ亜紗美仁科貴ハヤテ平塚千瑛春田純一、他

監督:藤原健一
脚本:村川康敏
アクション監督:柴原孝典
制作プロダクション:ユニオン映画
制作協力:ANGLEアクション
協力:オフィスワイルド
配給・宣伝:渋谷プロダクション「IRON GIRL FW」製作委員会(ユニオン映画クレイオールインエンタテイメントプラステスワコー)

明日花キララ/アクション映画 『アイアンガール FINAL WARS』

明日花キララ/アクション映画
『アイアンガール FINAL WARS』

明日花キララ/アクション映画 『アイアンガール FINAL WARS』

明日花キララ/アクション映画
『アイアンガール FINAL WARS』

(c)「IRON GIRL FW」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です