【名取くるみ インタビュー】「レースクイーン大賞新人賞部門」ファイナルステージに進出した喜び語る!

名取くるみ/レースクイーン大賞新人賞部門

グラビアアイドルとしても活躍している名取くるみが、スーパーGTに初登場したレースクイーンを対象に、ファン投票で人気No.1レースクイーンを決定する「日本レースクイーン大賞2021新人部門」に挑戦中。6月4日から18日まで行ったファーストステージを見事に通過した。

6月22日にギャルパラTVで行った「日本レースクイーン大賞2021新人部門ファイナリスト PR放送」にて、存在感たっぷりの”黄金比ボディ”を披露。抜群のスタイルと愛嬌たっぷりのキャラ、レースクイーン業界の台風の目になりそうだ。

――「日本レースクイーン大賞2021新人部門」ファイナルステージ進出おめでとうございます。

名取:ありがとうございます。ファイナリスト10名に残れるか毎日ドキドキすごしていたので、今日この場に立てる事ができてとても嬉しく思います。


――レースクイーンは小さいころからの夢とのことですが

名取:はい!父が趣味で2輪をやっていてよくサーキットやレース場に連れて行ってくれて、私がモータースポーツに興味を持ったきっかけは父の影響です。

サーキット場の機械音や雰囲気に圧倒されて凄くドキドキしたのを今でも覚えています。その時にピットには綺麗なお姉さん達がいて、皆凄く身長が高くてキラキラしていて、私も将来レースクイーンになれるかな?とよく笑いながら父や母に言っていました。


――念願かなってのレースクイーンとしての活動はどうですか?

名取:正直な所、レースクイーンとして活動できるとは思っても見なかったです!(笑)当初グラビアとは違う世界でちゃんとやっていけるのか不安だったんですけど、今は「私にだからこそ出来る事がたくさんあるんじゃないかな?」って思いながら楽しく活動しています!


――蒼い妖精というのは?

名取:あっ!それは、私が所属しているパシフィックフェアリーズの伝統のカラーとフェアリーから、ファンの方達がつけてくれたキャッチコピーです。最初は照れ臭かったんですけど、今は気に入ってます(笑)


――最後にファイナルステージへの意気込みを教えてください。

名取:もちろん新人賞グランプリを獲りたいです!獲ります(笑)

レースクイーン大賞新人部門のグランプリを獲って今よりも更にモータースポーツを広めて、多くの人にレースの魅力を広めていきたいです。

ここまで応援してくれたたファンの方とスタッフの方には感謝しかないです!

これを機に私を知ってくれた皆さま、最後まで精一杯がんばりますので応援宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です